必要な時に必要な薬を!安全なネット販売薬について

通販サイトで医薬品を安全に買う方法を教えます!

購入者はここに注意すべき

対面販売でものを購入するときは、この店は昔から続いているからとか、店員さんが親切だから信用が出来るとか、自分で判断する際の判断材料がたくさんあります。 しかし、顔の見えないネット販売は、初めて購入する際は慎重にならざるを得ません。 ネット購入でどのような点に注意すればよいのかを検証しました。

薬売りに代るか、ネット販売

薬局が普及するはるか昔から、家々に薬を無料で置いて、定期的に訪問し使った分の料金だけ頂くという置き薬のシステムがありました。 これは、いざというときに薬が手元にあり便利ですし、使わなければ料金はかかりません。 現在便利なネット販売ですが、置き薬に変わるビジネスになりえるかを検証しました。

一般医薬品と医療用医薬品

一般医療薬品が通販サイトで購入できる時代になりました。
一般医療薬品とは、どのようなものが含まれるのでしょうか。
鎮痛剤や胃薬、便秘薬やビタミン剤などがそうです。
また、発毛育成剤も薬剤師の元でしか購入できなかったものが、一部通販サイトで購入出来るようになりました。
うがい薬や、禁煙補助薬などもそうです。
インターネットで購入するのには、どの様なメリットがあるでしょうか。
一つは、大量に購入できることです。
薬局で購入する際、自宅から遠く離れているときや、荷物が多いときなど、買いだめしておきたくても、重いから少ししかかって帰れないなどという経験をしたことがある人は少なくないと思いますが、ネット販売で購入すると、自宅まで配送してくれるので、重いや、嵩張るなどということから開放されます。
また、薬局に行っても売り切れだったり、取扱がないなどということも経験があると思いますが、ネットで購入すれば、そういう無駄足がなくなります。
しかし、その反面、対面式販売ではないので、症状にあわせた薬の購入を相談できず、自分で判断しなければならないというデメリットもあります。
一度使ったものを再度購入するということであれば、ネット販売はよいですが、新しいものを購入するときには、注意が必要です。
また、海外の医薬品やサプリメントもネットを通じて簡単に安く手に入りますが、用法、用量をきちんと理解したうえでの服用が必然事項となります。

通販サイトで医薬品を買うとは

通販サイトで購入できる一般医薬品と、医療用医薬品とは、どのような違いがあるのでしょうか。 病院に行き、診察してもらった際に処方される薬、それを通販で購入することが出来るのでしょうか。 通販サイトで購入できるもの、出来ないものについて検証してみます。