必要な時に必要な薬を!安全なネット販売薬について

通販サイトで医薬品を安全に買う方法を教えます!

通販サイトで医薬品を買うとは

医療用医薬品

病院で処方箋をもらうと、その病院の近所の薬局でなくても、処方箋受付の薬局であれば薬を処方してもらえます。
それは、薬局に薬剤師がいて、その場で調合しているからです。
インターネットで購入できる薬は、処方される薬は含まれていません。
それは調合されてからの期限が購入する方には分からないですし、薬によっては、調合次第で劇薬になる薬もあります。
それらのものを簡単に個人で所有することはできないからです。
こういった薬は、医療用医薬品として、一般医薬品とは区別されています。
また風邪薬など薬局で市販されている薬は、ネットで購入できるようになりました。
が、医師の処方の元、出された薬よりも効果は低いので、一番は、医師の診断の元、処方してもらう薬を服用することです。

一般医薬品

一般医療薬品も副作用や効能、身体に対するリスクに応じて三種類に分類されます。
うがい薬やビタミン剤などは、かなり早い段階でネット販売を国が許可しました。
それは、薬品というよりも補助剤ともいえるもので、副作用はあまりみられないものだからです。
これらのものは第三類に分類されます。
服用するものに関しては、一日の用量は必ず明記され、飲みすぎはよくないという注意書きがあります。
使用期限に関しても、目立つところに記載されています。
湿布や消毒薬、目薬など、口から体内に入らないものや、ビタミン剤などの栄養補助食品がこれに含まれます。
通販とはいえ、誰でも販売できるわけではありません。
薬剤師や登録販売者でなければ販売をすることはできません。