必要な時に必要な薬を!安全なネット販売薬について

通販サイトで医薬品を安全に買う方法を教えます!

購入者はここに注意すべき

多くの情報を開示されていると安心

インターネット販売が出来るのは、薬剤師や登録販売者がいなければなりません。
そのほかにも細かいルールが定められています。
しかし、いくらルールにのっとって販売しているとはいえ、それらの情報が購入者に何一つ開示されていないと本当に薬剤師がいるのだろうかと疑ってしまいます。
安心なサイトは、薬剤師の情報が細かく開示されていること。
顔写真や名前など多くの必要な情報があれば購入者も安心できます。
また薬剤師がいれば誰でも販売できるのではありません。
実態となる店舗が一定の時間以上開店していなければなりません。
店舗の写真があると、購入者も安心できます。
また、電話などでの相談も受け付けていることが必須で、営業時間外の連絡先の明記も必要です。

ネット販売の禁止事項

ネット販売は、購入する方も販売する方も顔が見えないので、思わぬトラブルに発展することも危惧しなければなりません。
後々トラブルに発展しない為に、いくつか禁止事項を設けています。
それに当てはまるサイトでの購入は危険です。
乱用のおそれのある医薬品は、個数制限しなければなりません。
これは、一般的な薬局では当たり前のことです。
一般的な薬局では、薬剤師の指導の下、購入者は購入できます。
顔が見えない分、売る方も慎重になる必要があります。
また、効果をうたった宣伝文句は禁止されています。
人によって効き方が違いますし、体重によって、必要な用量も変わります。
飲めば絶対に効くというような表現は禁止されています。
用法、用量を守っての服用を心がけることを促す表記が必要です。